ラルフ・シーパーズ(PRIMAL FEAR)

パワフルな声を出すには、何と言っても呼吸法が最も大事だ。でも基本的には、声のトーンや音感など、天性の素質も何かしら持っていなければならない。
― ラルフ・シーパーズ(PRIMAL FEAR) ―


Primal Fear - King for a Day (Official / New Studio Album 2014)


JUDAS PRIESTの最終選考にまで残った、
ラルフ・シーパーズ。

英語が母国語じゃなかったからと言う理由で、
JUDAS PRIESTのヴォーカルになることはなかった。


もし英語が母国語だったら、選ばれていたのだろうか・・・・。


ティム“リッパー”オーウェンズも適任だったけど、
ラルフ・シーパーズのJUDAS PRIESTもそれはそれで面白かったと思う。


でも、それじゃ、まんま過ぎるか。(笑)


選ばれなかった結果、
PRIMAL FEARという強力なバンドが生まれたんだし、
落ちてよかったんだな、きっと♪



いつもご覧頂きありがとうございます♪あなたの「ポチッ」が励みになります。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ