アンドレ・マトス(ex.ANGRA)

才能は誰にでもあると僕は信じている。音楽的な才能がないって言う人がよくいるけれど、僕はそうは思わない。誰にだって芸術的才能はあるんだ。
― アンドレ・マトス(ex.ANGRA) ―


Viper - Living For The Night


2012年にアルバムデビュー1周年を記念し、
VIPERに復帰した、アンドレ・マトス。

結局この再結成は期間限定のようだが、
ブラジルでのライヴは大歓迎で迎えられた。


日本でも、彼らのアルバム、
「THEATER OF FATE」の人気は高いが、
このアルバムは未だに名盤として、メタルファン界でも人気が高い。


「THEATER OF FATE」が作られたのが、
1989年。


当時、アンドレ・マトス、18歳。


生まれもって、天才肌。


そんな彼も、44歳。

自身のバンド、ANDRE MATOSを率いて活動中だけど、
最近あまり音沙汰なし。


ANGRAも新譜が発売されたし、
そろそろ新しい音源聴きたいな。

ANGRAの再結成とまではいかなくても、
一緒にツアーとか、そろそろ良いんじゃないですかぁ~♪



いつもご覧頂きありがとうございます♪あなたの「ポチッ」が励みになります。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ


― スポンサードリンク ―