デイヴィー・リッチモンド(GLAMOUR OF THE KILL)

創造性を維持し続けることが出来て、自分達にとって最高の曲を書くのだ、という情熱を保ち続けることが出来れば、シーンに留まり続けることが出来るし、人々の目に触れる存在であり続けることも出来る。
― デイヴィー・リッチモンド(GLAMOUR OF THE KILL) ―


Glamour of the Kill - Second Chance (Official Music Video)


CDそのまんまをライヴで再現できる・・・・
なんて言われていたバンド、GLAMOUR OF THE KILL。
(YOU TUBEを観る限り・・・・そうでもありませんでしたが。)

解散したんだとか。


声明には今の音楽業界に疑問を感じると書かれていましたが、
良いバンドだとは思いますが、
思ったほど、ヒットしませんでしたよね。

このタイプのバンドは、
最近山ほどいるわけで・・・・・・。


まぁ、難しいのかなと・・・・。


メタルコア/ポストハードコア系ではありますが、
メタル寄りだっただけに、個人的には好きでしたが。


各メンバーの今後に期待しています。



いつもご覧頂きありがとうございます♪あなたの「ポチッ」が励みになります。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ


― スポンサードリンク ―