グラハム・ボネット(ex.RAINBOW)

アティテュードに問題があったのは俺1人ではなかったと思うよ。
― グラハム・ボネット(ex.RAINBOW) ―


Rainbow - All Night Long


今回のリッチー・ブラックモアのロックへの帰還で、
この方を忘れておりました。


一番この方との共演は・・・・・・・ないでしょうなぁ。



「今日にいたるまで、僕は音楽の分野で僕にキャリアを与えてくれたリッチーに感謝している。あれがなければ、僕は上手くいってなかったかもしれない。正直言って、リッチーとまたプレイできたら嬉しいよ。でも、本当のところ、もしレインボーがリユニオンするとしたら、ヴォーカリストのポジションはロニー・ジェイムス・ディオのものだ。残念なことに、ロニーはあまりにも早く僕らのもとを去ってしまった。それはもはや不可能だ」
【source】グラハム・ボネット「リッチー・ブラックモアのロック公演、嬉しい」


ロニーが生きていたらそうかもしれないけど・・・・・・


でも、もし万が一共演が実現したら、

それはジョー・リン・ターナーよりも
デイヴィッド・カヴァデールよりも、
イアン・ギランよりも話題になること間違いないでしょう♪


それぐらい衝撃だと思います。(笑)




すごく観たい♪



いつもご覧頂きありがとうございます♪あなたの「ポチッ」が励みになります。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ






― スポンサードリンク ―