ウォーレン・デ・マルティーニ(RATT)

自分に適した場所を見つけたい、自分らしさを見つけたいと思ってやっていたことが、やらなくてはいけない仕事になるんだ。
― ウォーレン・デ・マルティーニ(RATT) ―


Ratt - You're In Love - HQ


1992年に一度解散をし、再結成、
また解散し、再び再結成。

RATTというバンドには、トラブルが絶えない。


2014年にスティーヴン・パーシーが脱退して以降は、
フォアン・クルーシェはRATT'S JUAN CROUSIER、

そして、ボビー・ブロッツァーはBOBBY BLOTZER'S RATT EXPERIENCEを結成し、
先頃、このバンドがRATTの新しい形として活動すると発表。


これにウォーレン・デ・マルティーニが待ったをかけ、
ロサンゼルスの裁判所に訴えを起こしたことが判明しました。


「泥沼」とはまさに、この事である。


どうやらボビーは、新しいヴォーカルを入れてRATTとして活動したいけど、
ウォーレンはスティーヴン・パーシーがいないとRATTとしては活動したくないとのことですが、

現時点で、
「RATT」としての活動はまったく見えてきません。


なんだかね。


この騒動にバンド名に関する権利を失っている、
スティーヴン・パーシーは何を思うのか。



「どうでもいい」って感じだろうね。(笑)



いつもご覧頂きありがとうございます♪あなたの「ポチッ」が励みになります。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ


― スポンサードリンク ―