グレン・ヒューズ(ex.DEEP PURPLE)

私はDEEP PURPLEという偉大なバンドが残したものに背を向けたりしない。DEEP PURPLEにいた時間は、私にとって、とても大切なものだよ。
― グレン・ヒューズ(ex.DEEP PURPLE) ―

。「率直に言わせてもらうと、ヒューズとカヴァデールがパフォーマンスに招待されない可能性は99.9%あった。誰とは言わないが、俺らが歌うのは相応しくないと考えたメンバーが1人いた。デイヴィッドと俺はずっと抵抗していたよ。でも、その夜、(2人のパフォーマンスは)ないって知ったんだ」
【source】グレン・ヒューズ「俺とカヴァデールをプレイさせたがらなかったメンバーがいた」

「えっ、誰なの?」

グレン・ヒューズ本人は、DEEP PURPLEに関して悪い感情はないらしいけど、
ゴシップに目のない私は、と~っても気になる。(笑)


Deep Purple - Live At California Jam 1974 (Full Video Concert)



正直に言うと、一番考えられるのは、
現DEEP PURPLEのヴォーカルの人。

うん、イアン・ギランね。


だってそれしか、考えられなくない?


悪気はまったくないけど、
イアン・ギランとデイヴィッド・カヴァデールとグレン・ヒューズが一緒に歌うとなると、
やっぱり歌唱力の差が出てしまうかと・・・・・・。


あくまでも憶測です。


今回のロックの殿堂にリッチー・ブラックモアは不参加でしたが、
歴代メンバーでのパフォーマンスが実現していたら、
ものすごい歴史の1ページとなったことでしょう。


でも、これから先、二度とないでしょうね~。





いつもご覧頂きありがとうございます♪あなたの「ポチッ」が励みになります。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ


― スポンサードリンク ―