デイヴ・ロンバード(ex.SLAYER)

ドラマーは強さのリーダーにならなくてはいけない。バンドのリーダーという意味ではなく、プレイにおいて常にビートで一番上にいなくてはいけないんだ。
― デイヴ・ロンバード(ex.SLAYER) ―




SUICIDE TENDENCIESが2016年9月30日に発売予定のアルバムに、
今年当初からバンドに合流していた、
元SLAYERのデイヴ・ロンバードが参加しています。

現AVENGED SEVENFOLDのブルックス・ワッカーマンは、
良いドラマーでしたが、そこにデイヴ・ロンバードが納まるなんて。(笑)

結局ゲスト参加で、正式加入ではないようですが、
これは強力だね♪


それにしてもデイヴ・ロンバードは、
どこに向かっているのでしょうか。

SLAYERにいるのが一番しっくり来るとは思いますが、
今はポール・ポスタフがいるしね。


デイヴ自身も、今が一番楽しいかもしれません♪


【その他の、デイヴ・ロンバード(ex-SLAYER)の言葉】
デイヴ・ロンバード(ex.SLAYER)の言葉(1)
デイヴ・ロンバード(ex.SLAYER)の言葉(2)
デイヴ・ロンバード(ex.SLAYER)の言葉(3)



いつもご覧頂きありがとうございます♪あなたの「ポチッ」が励みになります。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ