ジョン・コラビ(ex.MOTLEY CRUE)

メタルミュージシャン毎日ベットルームで“Hey Jude”を聴きながら、俺はギターの弾き方を憶えたんだ。
― ジョン・コラビ(ex.MOTLEY CRUE) ―


The Dead Daisies - Long Way To Go (official video)


MOTLEY CRUEからヴィンス・ニールが脱退したとき、
ヴォーカル&ギターとして加入したジョン・コラビ。

“器じゃなかった”
“「MOTLEY CRUE」は駄目なアルバム”

評論家たちはこぞって、
ジョン・コラビをこぞって批判しました。


果たしてジョン・コラビは駄目なシンガーなのか?

今、改めてジョン・コラビが参加した「MOTLEY CRUE」を聴くと、
悪くなかったんじゃないかなって思います。

確かにグランジロック、オルタナティヴロックが主流となった時代で、
サウンドも全盛期のMOTLEY CRUEと比べるとポップさはありませんが、
あのサウンドにはジョン・コラビの声がぴったりだったかと。


ただ、往年のファンからすると、許せなかったのでしょう。


アルバムのセールスは伸びず、
結局、ジョン・コラビは脱退してしまいました。


かわいそうなジョン。

ハスキー声が悪くない良いヴォーカリストなんですけどね。


そんなジョン・コラビですが、
このたび、THE DEAD DAISIESというバンドのメンバーとして、
日本デビューを果たします。

元々、デイヴィッド・ローウィー、ジョン・スティーヴンスという2人のミュージシャンによって、
オーストラリアで結成されたバンドで、
初期メンバーにはGUNS 'N ROSESのリチャード・フォータス、デイジー・リードが参加。

その後、元WHITESNAKEのマルコ・メンドーサやブライアン・ティッシーが加わり、
2ndアルバムを発売するときに誰かいいヴォーカルはいないかとなり、
ジョン・コラビが誘われたのだとか。


最近になってバンドには、元WHITESNAKEのダグ・アルドリッチも加入、
ちょっとしたスーパーバンドとして話題となっています。


メンバーが意外と豪華ってのもあるけど、
サウンドもカッコイイんだよなぁ。

ジョン・コラビのヴォーカルパフォーマンスも申し分なし♪

ぜひ、一聴あれ!




いつもご覧頂きありがとうございます♪あなたの「ポチッ」が励みになります。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ