インストゥルメンタルテクニカルバンド


イングヴェイ・マルムスティーン、
トニー・マカパイン、
スティーヴ・ヴァイなどなど・・・・

テクニカルなギタリストによるインストゥルメンタル・アルバムは多くありますが、
最近はバンドスタイルでプレイするインストゥルメンタル・バンドが増えてきています。


今回はそんなバンドのなかで、おすすめの4バンドを紹介します。

ANIMAL AS LEADERS



アメリカを拠点とするトシン・アバシ率いる8弦ギター2人とドラマー1人からなる、
ベースレスのトリオ・バンド。
リズムチェンジおよび変拍子などを用い、プログレッシヴかつテクニカルなサウンドは必聴です。


BLOTTED SCIENCE



WATCHTOWERのロン・ジャーゾンベク、
CANNIBAL CORPSEのアレックス・ウェブスターを中心に結成された、
インストゥルメンタル・デス・メタル・バンド。

今回紹介するインストゥルメンタル・メタル・バンドの中で、
一番ヘヴィなサウンドを持ち味としています。


7 FOR 4



ドイツのプログレッシヴ・テクニカル・ヘヴィ・メタル・バンド、
SIEGES EVENのウォルフガング・ツェンクを中心に結成されたバンド。

メタル+フュージョン+プログレッシヴ

ウォルフガング・ツェンクの多彩なギターワークは、必聴です♪


BEHOLD THE ARCTOPUS



アメリカ・ニューヨーク出身のテクニカル・メタル・バンド。
このバンドはとにかくインパクトが凄い!!

ベースの代わりに、スティック・ギターを使うメンバーがいること。

こんなバンド、初めて観ました♪


そのほか、紹介したいバンドもありますが、
とりあえず、4バンド。


どのバンドも、まったくサウンドも、スタイルも違いますが、
カッコイイことには間違いありません♪


いつもご覧頂きありがとうございます♪あなたの「ポチッ」が励みになります。
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ


― スポンサードリンク ―