brutalwoman



こんにちわ、KENです。

缶詰生活から抜け出して、
明るい太陽を浴びれることに感謝しています。



男性じゃないの?超ブルータルな女性ヴォーカル♪

ヘヴィ・メタル、ハード・ロックにおいて、
昔から女性ヴォーカリストを擁するバンドは沢山いましたが、
近年、女性がフロントマンとなるバンドが増えているように思えます。

その中でもクリーン・ヴォーカルで歌うバンドよりも、
グロウル系、シャウト系のスクリーム・ヴォーカルが多い。

一時期ブームだったのか、
アマチュア・バンドでも多く見られました。

今回は男性顔負けの超ブルータルな女性ヴォーカルを、
5人紹介します。 


アンジェラ・ゴッソウ(ex-ARCH ENEMY)


スクリーム系の女性ヴォーカルの人気をここまで押し上げた、
というか、始まりはこの人です。
それまで、DOROのドロ・ペッシュとか、
ゴシック系メタル・バンドにはいましたが、

ARCH ENEMYに女性が加入ってニュースが流れ、
嘘でしょ?って感じでした。
だって、初めて聴いたら確実に「男」ですから~。



マリア・ブリンク(IN THIS MOMNET)


日本デビューした頃は、ロリータファッションに身を包み、
もっとお人形さんみたいな感じだったのが、
いつの間にか“ビッチな女”と変貌したマリア・ブリンク。

このバンドは、見事キャラ立ちしたといった感じ。

この路線変更が、IN THIS MOMENTの人気を、
一気に押し上げました。


キャンダイス・カシュレイン(WALL OF JERICHO)


ムッチリレスラー体型で、タトゥーもバリバリの、
まさにハードコア姐さん。
激烈スクリームは男顔負け、男以上?
Slipknotもお気に入りになるのが分かるような気がします。



Mallika Sundaramurthy(ABNORMALITY)


黒長髪の普通のお姉さんの低音グロウルは、
インパクト絶大!
ド直球のデス・メタルですが、バンドメンバーの写真見なかったら、
絶対、女性ヴォーカルとは気づきませんから♪


フェルナンダ・リラ(NERVOSA)


スラッシュ系バンドの女性も紹介しないわけにはいかないでしょう。
大抵のバンドが、エクストリーム・メタル系ですからね。
似通ったバンドも多いですから。
OVERKILLのボビー“ブリッツ”エルズワースばりの、
独特の声はなかなかインパクト大ですぞ♪


まだまだいます。ブルータルな女性ヴォーカル。

アリッサ・ホワイト=グラズ(ARCH ENEMY,ex.THE AGONIST)
ハーディ・シェパード(BUTCHER BABIES)
カーリー・ハーヴェイ(BUTCHER BABIES)
コートニー・ラップランテ(Iwrestledabearonce)

挙げてたらキリないので、このくらい。

アリッサをなぜ、5人に入れてないんじゃい?という意見もあるかと思いますが、
アンジェラ・ゴッソウと比べると入れないでしょ?みたいな。(笑)


とにかく、もう今の時代、
男女がどうこうというのは関係ないですね。

女性があんな声出すんだというインパクト、
ヴィジュアルのインパクト、
華があるのに、こんな声?

初めて聴いた人はビックリですよ、きっと。

私の周りの女友達は笑ってMV見ていました。(笑)

世間では、こんな感じにとられるんでしょうね。
まさにイロモノ扱い。



いつもご覧頂きありがとうございます♪あなたの「ポチッ」が励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ