こんにちわ、KENです。

仕事を始めたばかりですが、
急遽今日から3連休となりました・・・・

何をしようか考え中ですが、そのまま寝休日になりそうです。


メタル+ハードコア=メタルコア。

オルタナティヴ⇒NU METALとブームが来て、
「メタルは終わった」という風潮が出始めたとき、
出てきたのが「メタルコア」というジャンル。


“ギターソロなんて必要ないぜ~”といったのは、
とあるヘヴィ・メタル・バンドのメンバーですが、
「メタルコア」にはしっかりとギターソロがありました。

私は、「メタルコア」は、
衰退してきたメタルを救ったジャンルだと思っています。


ただ、今なおトレンドに乗ったバンドが多いのも事実であり、
2005年頃に出てきた「メタルコア」は、
サウンドを変化させならがも今なお、メジャーであるのは事実です。

今回は、『今さらながら、メタルコアはいかがですか?』と題しまして、
私がオススメするバンドを紹介します。


「メタルコア」三羽ガラス♪

●SHADOWS FALL


ヘヴィメタル色の強い「メタルコア」。
ヴォーカルのブライアン・フェアのドレッドヘアを、
プロペラのように振り回すパフォーマンスが定番。

ギタリストのジョナサン・ドネイズがANTHRAX、
ドラマーのジェイソン・ビットナーがOVERKILLに加入しているため、
現在は開店休業状態。



●KILLSWITCH ENGAGE


メロディック・デス・メタル+ハードコア。
現在は2012年に脱退したハワード・ジョーンズに代わり、
ジェシー・リーチが復帰している。



●ALL THAT REMAINS


映画のエンディング・テーマに曲が起用されるなど、
3バンドの中では一番メジャーな存在。


ALL THAT REMAINSのヴォーカルのフィリップ・ラボンテは、
元SHADOWS FALLのヴォーカリスト。

SHADWS FALLとKILLSWITCH ENGAGEのメンバーは、
元々Aftershockというバンドのメンバー。

後にデビューする新世代のヘヴィ・メタル・バンドに、
多大なる影響を与えた3バンドです。



とりあえず、「メタルコア」はこれを聴け♪

●AS I LAY DYING


2013年にヴォーカリストのティム・ランベシスが殺人教唆罪で逮捕され、
裁判で6年ほど刑務所にぶちこまれることに。
バンドはティム・ランベシスのメンバーで別バンドを結成し、活動中。



●UNEARTH


メロディック・デス・メタルに影響を受けているが、
ハードコア色が若干強め。



●THE RED CHORD


デス・メタル、グラインドコア色が強め。



●ATREYU


今なお、人気は絶大。


なんだかんだ、まだまだ生きていくジャンル♪

音楽評論家の中には、こんなトレンド、
NU METALのようにすぐに終わっちゃうよと言っていましたが、

「メタルコア」バンドの多くは、形を変えながらも残っているし、
そして今なお、同じようなバンドがデビューしています。

結局は、形を変えて残っていく。

進化して残っていく・・・いろいろ。


最近は、このジャンルの音源を買いあさることもないですが、
これからもチェックしていきたいジャンルです。


でも、このジャンルのパイオニア的バンドは、
やっぱりいつ聴いてもカッコイイんだな♪



いつもご覧頂きありがとうございます♪あなたの「ポチッ」が励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ