メタラー・ロッカーの言葉(名言・迷言) ブログ版

ミュージシャン、その中でもヘビーメタル/ハードロック・ミュージシャンが残した言葉。良くも悪くもそれは名言であったり、迷言だったり、時にその言葉に勇気づけられることもあります。そんなメタラーたちの言葉を楽曲と共に紹介します。(言葉と曲は関連がない場合もございますのであしからず。) 2日に1回更新♪

2016年06月

日本は俺にとって特別な場所なんだ。俺が携わっている音楽が日本のファンの心の中に響き渡ることを願っている。そうすれば、また日本へ行くことが出来るからね。 ― ジョージ・リンチ(ex.DOKKEN, LYNCH MOB) ― Dokken - "It's Not Love" (Official Music Vide ...

俺は人生全般を楽しく過ごしているし、人生まだまだこれからだ。しかし、死ぬのは恐くない。 ― グレン・ヒューズ(ex.DEEP PURPLE) ― Black Country Communion - Sista Jane - Live Over Europe 2012年に活動休止状態となったBLACK COUNTRY COMMUNIONを、 ど ...

デンマークではPRETTY MAIDSというと“Please Don't Leave Me”を思い出す人が多いんだ。 ― ロニー・アトキンス(PRETTY MAIDS) ― PRETTY MAIDS - Please don't leave me [Official Music Video] HQ デンマークで、PRETTY MAIDSといえば、 “Please Don' ...

リッチー(・ブラックモア)にもとても感謝している。お陰で多くの人達がこのバンドにとても興味を持ってくれるようになったからね。 ― ロニー・ロメロ(LORDS OF BLACK) ―Stormbringer (Deep Purple Cover) - Ronnie Romero         期間限定の新生RITCHIE BLA ...

ドラマーは強さのリーダーにならなくてはいけない。バンドのリーダーという意味ではなく、プレイにおいて常にビートで一番上にいなくてはいけないんだ。 ― デイヴ・ロンバード(ex.SLAYER) ― SUICIDE TENDENCIESが2016年9月30日に発売予定のアルバムに、 ...

音楽は決まった型に嵌めるべきじゃない。型に嵌めようとしたり、邪悪でもmeanでもアグレッシヴでも、そうなるように計画したら、結果はフェイクになってしまう。そして、それは聴く人に判ってしまう。 ― ニック(SUICIDAL ANGELS) ― SUICIDAL ANGELS - Division ...

私は攻撃型の人間だ。自分が正しいと信じていれば、さらに攻めていったりもする。穴熊みたいなもので、死ぬまで闘うんだ。 ― ミート・ローフ(MEAT LOAF) ― Meat Loaf - You Took The Words Right Out Of My Mouth (Hot Summer Night) 映像を観ましたが ...

私の目標は、LEAVE'S EYESの音楽を聴くことで人々が幸せになり、より高い感情的レヴェルに到達出来ることなの。― リヴ・クリスティン(LEAVE'S EYES) ―LEAVES' EYES - The Waking Eye (2015) // official clip // AFM Records  LEAVE'S EYESからリヴ・クリスティンが脱 ...

この国には俺達を必要としている人達が大勢いる。生き延びるために俺達を必要としている人達だっているんだよ。。― ピーター(VADER) ―VADER - "Triumph Of Death" (Official Video)  今でこそ、ポーランド出身のヘヴィ・メタル・バンドは、たくさん日本でも知られてい ...

私にとって平穏な時期、良い時期だったのは「HEADLESS CROSS」の頃だ、深刻な事態というのもそんなになかったし・・・特にバンド内部はそうだった。― トニー・アイオミ(BLACK SABBATH) ―Black Sabbath - "Paranoid" Belgium 1970 ブラック・サバス(Black Sabbath)最 ...

DOKKENにもいたよ。常に考えているのは自分のことだけ。バンドのことはどうでもいいんだ。 ― ドン・ドッケン(DOKKEN) ― Dokken - "Dream Warriors" (Official Music Video) オリジナル・メンバーによるDOKKENが、 LOUDPARK 16で来日することが決定しまし ...

僕達はどんなトレンドも追い掛けてこなかった。いつも自分達がやりたいものをプレイしてきたんだ。 ― ラウリ・ヨーネン(THE RASMUS) ― The Rasmus - In The Shadows (US Version) フィンランドの国民的バンド、THE RASMUS。 メランコリックで、物悲し ...

曲が出来る度に「これは自分のソロにとっておこうかな」と考えたりするけど、何のプロジェクトでも自分の100%を出さなくてはいけないと思う。 ― リッチー・サンボラ(BON JOVI) ― Richie Sambora - Livin' On A Prayer - Unplugged | Classic Rock Magazine ...

エクストリームであるつもりなら、そしてバンドとして先に進むつもりなら、同じことに100%いつも従う必要はない。どうしてそれをやる必要がある?それをやったら音楽は決して前進しない。 ― マーク“バーニー”グリーンウェイ(NAPALM DEATH) ― NAPALM DEATH - ...

DEATH ANGELは既にこういうスタイルの音楽に足跡を残しているし、こういう音楽だからファンでいてくれる人達がいるんだ。 ― ロブ・キャヴスタニー(DEATH ANGEL) ― DEATH ANGEL - Hatred United / United Hate (OFFICIAL MUSIC VIDEO) ベイエリア・スラ ...

過去に自分がやったことに対しては誇りを持っているよ。 ― トニー・マーティン(ex.BLACK SABBATH) ― Black Sabbath - Cross of Thorns Live '94 2017年にも、 トニー・マーティンとトニー・アイオミが新曲のレコーディングを開始するかもとのこと。 ...

どんな音楽だろうと、このバンドでプレイすればAMORPHISらしくなるんだよ。違ったタイプの音楽をやろうとしても、どうしてもAMORPHISらしくなってしまうんだ。 ― エサ・ホロパイネン(AMORPHIS) ― AMORPHIS - House Of Sleep (OFFICIAL VIDEO) AMORPHIS ...

↑このページのトップヘ