メタラー・ロッカーの言葉(名言・迷言) ブログ版

ミュージシャン、その中でもヘビーメタル/ハードロック・ミュージシャンが残した言葉。良くも悪くもそれは名言であったり、迷言だったり、時にその言葉に勇気づけられることもあります。そんなメタラーたちの言葉を楽曲と共に紹介します。(言葉と曲は関連がない場合もございますのであしからず。) 2日に1回更新♪

2016年11月

ロビン・マッコリーのヴォーカルは下手ではないけど、 上手くもない・・・・これが世間一般の評価だと思います。 でも、私、ロビン・マッコリーが好きです。 現在でもある種のハード・ロック・ファンから彼は「マイケル・シェンカーと組んでいた低能なシンガー(の一人) ...

いつも「メタラー・ロッカーの言葉(名言・迷言) ブログ版 」をご覧頂き、 誠にありがとうございます。 このたび、細々とではありますが、 先日、「ヘヴィ・メタル/ハード・ロック名言.com」というブログを作りました。 「ヘヴィ・メタル/ハード・ロック名言.com」では、 ...

今12歳の子がANTHRAXを今から聴き始めたら、多くの子が一生聴いていると思う。メタルファンは概してとても忠実なんだ。 ― スコット・イアン(ANTHRAX) ― Anthrax - Indians ANTHRAXが3rdアルバム『Among The Living』リリース30周年を記念し、 2017年2月のイギリス ...

どんなラインナップだろうと、僕達はステージに上がって、客をロックさせるだけだし、自分達がいいバンドであることを証明しないといけないのに変わりはない。 ― トミー・ハート(FAIR WARNING) ― FAIR WARNING - Eastern Sun - [HQ] FAIR WARNINGのヴォーカリス ...

ヘヴィ・メタルというものは、俺に言わせれば今も昔も本物はアンダーグラウンドに転がっているもんさ。― フィル・アンセルモ(ex.PANTERA, DOWN) ―SUPERJOINT - "Caught Up In The Gears of Application" (OFFICIAL)  今年のはじめにいたらない発言で、活動休止状態に ...

いつも「メタラー・ロッカーの言葉(名言・迷言) ブログ版」をご覧頂き誠にありがとうございます。 諸事情により数日ブログをお休みしておりましたが、 本日より再開いたします。 どうぞ引き続き、よろしくお願いいたします。 いつもご覧頂きありがとうございます♪ ...

いつも「メタラー・ロッカーの言葉(名言・迷言) ブログ版」をご覧頂き誠にありがとうございます。 諸事情により2~3日ほどブログをお休みいたします。 再開後は改めてお知らせいたします。 どうぞ引き続き、よろしくお願いいたします。 いつもご覧頂きありがとうご ...

今のバンドが作る音楽は、難しいね。レコードを聴いても吸収するのが難しい。それに、ずっと聴くには厳しいと感じることがある。一度聴いた後も、もう一度聴いてみようとは思い難いんだ。 ― K.K.ダウニング(ex.JUDAS PRIEST) ― Hostile - Freedom Act (Official Mus ...

“別れ”は、いつしか“別れたこと”だけしか残らなくなる。“嫌な別れ方をした”ことだけ覚えていて、その原因は忘れてしまうものさ。 ― オジー・オズボーン(BLACK SABBATH) ― Ozzy Osbourne - "See You On The Other Side" BLACK SABBATHでの活動を終えたオジ ...

俺はこうして、音楽をプレイしながら世界中を旅する幸運に恵まれている。それはもう素晴らしいこと、もう最高のことだ。自分がとても幸せ者だと思っている。 ― ジョン・コラビ(ex.MOTLEY CRUE) ― The Dead Daisies - Song And A Prayer (official short film) 元 ...

バンドを長く続けていれば良い時も悪い時もある。今は時代がまた僕達を必要としているのさ。巡り合せなんだ。 ― スティーヴ・ハリス(IRON MAIDEN) ― 10 Greatest Hard Rock + Metal Bands With Three Guitarists アメリカのラウド/メタル系サイト「Loudwire」が ...

多くの人が、1つの楽器と私の声だけの響きが好きだと言ってくれる。何もかも剥ぎ取って、声とキーボードだけになった響きが好きだと言ってくれる。 ― グレン・ヒューズ(ex.DEEP PURPLE) ― Black Country Communion - Man in the Middle グレン・ヒューズ ジョー・ボ ...

↑このページのトップヘ